Posts In: workshop

ニュートラル整体

2016年12月13日

ニュートラルセッションとは、身体を「読む」「ゆるめる」「しめる」を追求し、動きの命令系統を書き換える新しい形のワークセッションです。

身体を読みながら指圧、手技療法により筋・筋膜リリース、癒着の解除をおこない、独自の運動療法により動きのコアを書き換えます。

状況により鍼・吸い玉を使います。

① 身体を読む

お会いした時の雰囲気、色、動き、姿勢、水分(水気がたまっているのか、乾いているのか)などを診て、問診によりさらに詳しく情報を集めます。

手術歴や怪我など、ご本人が忘れているようなことまでできるだけ引き出します。

身体の中の癒着や力み、クセなどを、いくつかの姿勢を取っていただき把握します。

さらに脈や舌、腹を診、東洋医学的な情報も得ます。

約数分間でこれらをおこなった後、施術をおこないながらさらに詳しく診ていきます。

 

② ゆるめる

長年にわたり多数のクライアントに触れてきた「手」の感覚をたよりに身体を診ます

ご本人があきらめているようなあまりに強いコリや、慢性的な痛みなどにも有効な、進化した指圧マッサージと誘導運動療法でゆるめていきます

身体がゆるむ過程で、フレッシュな身体感覚が戻り、とどこおったエネルギーが動き出します

細部の癒着やご自身でも気づかない筋緊張感覚が鈍った筋肉的確にアプローチします。

施術中はひたすら身体感覚を味わい、身体を再認識します。

 

③ しめる

身体を「ゆるませる」ということを行いながらさらにクライアントを観察し「しめる」ポイントを求めます。

ゆるめるだけでは身体はすぐにいつものクセにもどってしまうからです。

コリ、痛み、歪みがあるということはガンバリすぎている場所サボっている場所があるということ。

サボったところのフォローをした部分がコリや痛みを発していると考え、その原因になる「動き」「部位」「筋肉」を検索します。

しめる場所を誘導運動療法によりしめ、できる限りクセにもどらないよう誘導します。

長いこと使わずに感覚が鈍った筋肉に的確にアプローチし、誘導運動療法により、クライアント本人がインプットとアウトプットを同時におこなうことで、脳の命令系統の書き換えをします。

クセへの気づきと修正は、クライアントの「身体=無意識」に直接作用します。

 

④ 動きの処方と提案

誘導運動療法で回復しつつある長いこと使われていなかったサボリ筋を、さらに刺激し続け、お一人で維持できるよう運動の指導と処方をします。

生活の中の動きの習慣やこなさなければならない仕事への対応のしかたなど、クライアントの状況に合わせた身体の使い方をご提案します。

【所要時間】 約100~120分

【料金】10,000円

【場所】 田園都市線青葉台のペグルカフェ内施術スペース

【訪問】東京・神奈川・埼玉、その他ご相談ください。いたします。車で施術台をお持ちします。

お問い合わせ
(お電話はコチラからお願いします。
080-4174-8341)

パーソナルワーク+施術グループワーク指圧マッサージ師の方へのブラッシュアップワークショップ整体師、セラピストの方へのワークショップヨガ指導者の方へワークショップその他

グループワーク

2016年12月13日

 

ご参加いただいたみなさまの状態や症状に合わせ、癒着、筋バランス、アライメントについて実際に動きを交えて解説します。

  • 所要時間:約3〜4時間
  • 人数:4〜8名
  • 場所:会議室、公民館、レンタルルーム、治療院など応相談
  • 料金:1名/3,000円

改善したいことや、困っていること、ご質問をサンプルに、「自然な身体とは?」について物理的身体面からわかりやすくお話しします。

さて、物理的な身体の法則を知ることで、「健康」に近づくことは間違いありませんが、人が目で見て物理的にわかるのは全てのモノゴトの3%とも5%とも言われています。
90%以上はわからないこと、ということです。
「健康」「幸せ」を本当に体感するには、物理的な身体と心と潜在意識のつながりについての理解が必要になってきます。

ワークは、動きの癖や癒着について感じ、理解することで、「無意識」の行動、動作に気づきが生じることがねらいです。

そこで、身体という一つの証拠を元に、ニュートラルに戻るための動きと瞑想を行いクライアントの「身体=無意識」を感じながら身体を再認識します。

最後にニュートラルな身体と心を維持するためのご自宅でできる「ニュートラルワーク」をお持ち帰りできる状態で終了します。

*グループワークの他に個人セッションをお受けになりたい方へ。
場所/携帯用の施術台が置ける6畳以上のスペース
料金/8000円(グループワーク+セッション)

お問い合わせ
(お電話はコチラからお願いします。
080-4174-8341)

パーソナルワーク+施術グループワーク指圧マッサージ師の方へのブラッシュアップワークショップ整体師、セラピストの方へのワークショップヨガ指導者の方へワークショップその他

 

指圧マッサージ師向けブラッシュアップワークショップ
明日から使える方法と、使えば使うほど理解の深まる技術をお伝えします。

  • 所要時間:10〜15時間
  • 人数:4〜8名
  • 場所:治療院、会議室、公民館、レンタルルームなど応相談
  • 料金:1名/15,000円(人数、状況により応相談)

【プログラム】

 身体/思考・感情/潜在意識の観点から自分の位置を把握
特に施術時の身体/内面の「あり方」を観察

 身体と内面のあり方の説明
人体も分解すれば量子。量子は実体のない振動。振動はうつる。
同調するある種の情報。
施術の場合、施術者、被施術者ともに影響を受けやすい。
自分の振動を良い状態に整えることが必須。
施術をすると自分が気持ち良く整うような状態がベスト。

 自己調整方法
運動とメディテーションの方法

 実際の施術のテクニック

〔NEUTRAL BASEでの施術内容〕

NEUTRAL BASE での施術は、一つの手技や、施術法にこだわらず、一貫してクライアントをニュートラルな状態に導くことを優先しています。

その感覚を味わい、維持するためのアドバイスをおこないます。

施術をおこなう際の判断や技術内容、指導や説明のコツは、「シンプル」にすること。
「シンプル」になればなるほど適応力が増し、たくさんのクライアントに対応できるようになります。

施術の大まかな流れ

① 「姿勢」と「動き」を簡潔に診断
② 指圧マッサージによる癒着とり、筋緊張抑制
③ 自動誘導運動による未使用筋の活性化と緊張筋の抑制
④ 施術により身体の癖への気づきを促進
⑤ 癒着、癖を取るための方法解説と運動の処方

〔施術解説の目的〕

・一人一人のクライアントにしっかり向き合う
・良質で適確な指圧マッサージと、運動法、運動指導、運動誘導ができる
・本人はもちろん、家族、紹介者、ドクターなどクライアントをとりまく人々に納得のいく説明ができる
・それらのために自らの心と身体を整える

〔施術解説の内容〕

・理論編
◎常に姿勢から考える
◎筋バランスとアライメント
◎癒着と拘縮について
◎マッサージとは何なのか
◎他動運動 自動運動 誘導運動
◎施術の目標設定
◎運動に関する行動心理学
◎心と潜在意識の問題

・実技編
◎シンプルに診断する
◎同じテクニックを使っても、考え方と方針で効果が変わる
◎全体の流れとポイント
◎使えるテクニック詳細

・運動療法実技指導
◎シンプルに考える
◎拮抗筋を抑制してみる
◎筋力をつける事より余分な力みを抜いてバランスをとることを優先する
◎具体的な方法と明日から使うための練習

 クライアントのゴール設定をどこに置くかで、説明や宿題を変えていく

 質疑応答など

☆こんなみなさまをお待ちしております。

・セラピストでよかった、と心底思えるようになりたい
・技術向上のきっかけがほしい
・独立したい
・より良い施術がしたい
・マッサージだけでなく運動療法や指導を取り入れたい
・施術者を雇っているが技術指導が難しい
・説得力のある仕事がしたい
・保険取り扱いでのマッサージ・運動法で行き詰っている


お問い合わせ
(お電話はコチラからお願いします。
080-4174-8341)

パーソナルワーク+施術グループワーク指圧マッサージ師の方へのブラッシュアップワークショップ整体師、セラピストの方へのワークショップヨガ指導者の方へワークショップその他

 

少々お待ち下さい。

お問い合わせ
(お電話はコチラからお願いします。
080-4174-8341)

パーソナルワーク+施術グループワーク指圧マッサージ師の方へのブラッシュアップワークショップ整体師、セラピストの方へのワークショップヨガ指導者の方へワークショップその他

ヨガ指導者の方へ

2016年12月13日

 

ヨガ指導者の方のためのワークショップ

  • 所用時間:4〜5時間
  • 人数:4〜8名
  • 場所:レンタルスペース、施術室、会議室、公民館など応相談
  • 料金:1名/5,000円(人数、状況により応相談)

機能解剖に基づいた身体と心の解説
ヨガの先生や一歩突っ込んだ機能解剖や身体の使い方を知りたい方へ

施術者サイドから見たヨガの有効性についてお話しします。

自分がヨガで癒着をはがしてきた経験を、インドで得た経験と知識を含めつつ機能解剖、姿勢、動きについて、解剖学の知識が無くても体感でわかるよう解説したいと思います。

力を入れるべきところ、緩むべきところ、なぜ痛みが出るのか、なぜ可動域が上がらないのか、アーサナの意味、それぞれの動きとポーズについての意味など、サンプルのアーサナを使い、動きながら解説します。

キーワードは「癒着」「アライメント」「筋バランス」です。

凝りや痛みのパターンと、アーサナでの解決法をお伝えします。

参加者のみなさんお一人お一人の姿勢、動きを観て、癒着や動きの癖、改善法について、ベーシックなアーサナをサンプルに解説を進めていきます。

【内容紹介】

 身体の物理的法則、こころ・身体・潜在意識と、それをただ「見るもの」の法則について

◎連合・分離・協調という理学療法の用語を使って解説

 身体と内面の量子的なつながりについて

◎言葉の影響力
◎想いの波及
◎振る舞いは物質

 機能解剖と動きのコツについて

◎姿勢から考える
◎シンプルにする
◎筋バランスとアライメント
◎癒着について
◎拮抗筋を抑制してみる
◎筋力をつける事より余分な力みを抜いてバランスをとることを優先する
◎「可動域を上げる」とは
◎くつろいだ姿勢とは

 質疑応答など

お問い合わせ
(お電話はコチラからお願いします。
080-4174-8341)

パーソナルワーク+施術グループワーク指圧マッサージ師の方へのブラッシュアップワークショップ整体師、セラピストの方へのワークショップヨガ指導者の方へワークショップその他